ディズニーのアプリで取れるファストパスのメリット・デメリットとは?

2019年7月23日よりディズニーの公式アプリでサービス開始した「ファストパス」の取得について、実際に使ってみてわかったメリットとデメリットを紹介します。

ディズニーでは平気で1時間以上並ぶアトラクションがあるので、ファストパスを有効活用できないと非常に勿体無いです。

アプリで取得できるファストパスのメリット、デメリットをよく理解し、効率よくディズニーを楽しみましょう!

アプリで取れるファストパスのメリットとは?

わざわざアトラクション近くまでいかなくてもいい

ディズニー公式アプリでファストパスを発券する時は、通常のファストパスの発券と違いわざわざファストパス発券所まで行く必要がなくなりました。

・他のアトラクションに並んでいる途中
・ショーやパレードをみている途中
・買い物の途中

たとえ上記のような時でもアプリを使ってどこからでもファストパスの発券が可能になったんです。

このことによって今までファストパスを取りに行くためにショーや買い物を切り上げて、わざわざファイストパスを発券していましたが、このような面倒くさい移動をしなくても済むようになりました。

ディズニーって意外と移動が多いのでこれは本当にありがたいですよね!

ちなみに、友達や家族など複数人で遊びにきている場合も、誰かのアプリで同伴者全員のパークチケットを読み込んでおけば全員の分のファストパスを取ることができます

ファストパスの取得のため毎回パークチケットを出す必要がなくなった

また、一度パークチケットを読み込んだアプリはパークチケットの情報が保存されます。

ファストパス発券所ではパークチケットが無いとファストパスを発券することができなかったため、同伴者全員のパークチケットを出してもらう必要がありましたが、こういった手間もなくなりました。

大人数でディズニーに行くと1人ぐらい「パークチケットどっかいった!」とかいう人もでてくるのでこういった機能も本当にありがたいですよね!

ファストパスを取ったスマホ、または、パークチケットがあれば入れる

ファストパスを使用する時ですがアプリでファストパスを取得した場合、ファストパスを取ったアプリ(スマホ)か全員分のパークチケットがあれば入れるようになりました。

ファストパスをとったアプリには全員分のファストパスが表示されるため、わざわざ全員分のファストパスやパークチケットを出してもらう必要がなくなりました。

このためファストパスエントランスも従来よりスムーズに人が流れるようになっています。

今まではファストパスの回収やチェックがスタッフでしたが、新しく導入された機械によって管理できるようになったのもあるかもしれません。

アプリで取れるファストパスのデメリットとは?

すごい便利なアプリでのファストパス発券ですが、メリットもあればやはりデメリットもあります。

今回はそんなデメリットに運悪く遭遇したので参考になればと思いご紹介します。

混雑時にファストパスの取得機能が機能しない時がある

すごい便利なアプリでのファストパスの発見ですが、遠隔で行えるメリットの反面、開園直後など一斉にみんながアクセスをする混雑時は通信エラーが多発し機能しないことがあります。

このような時はファストパス発券所までいってファストパスを発券するしかありません。

アプリでファストパスが取れるようになってからまだ1度しか遭遇したことがありませんが、混雑が予想される日はおそらくこういったことが起きやすくなっていると思いますので注意が必要です。

また、ファストパスの発券とショーの抽選は同じサーバーを使っているのか、ファストパスの発見がアプリでできない時は、ショーの抽選もアプリでできませんでした。

この時はアプリからのショーの抽選もできず、スペースマウンテン近くになるショー抽選所もしまっているような状態となっていました。

一応スタッフが抽選所の前でいろいろと対応していたのでショーの抽選スペースについて聞いたところ、復旧の目処が立たない場合は、スペースを解放して早いもの順でスペースを埋めていくと聞きました。

もし抽選ができないような状態が続くようであれば、抽選スペースも解放される可能性があるので、もしショー中心にディズニーを楽しみたい場合は、スタッフに状況を聞いて臨機応変に動けるようにしておくといいと思います。

スマホの電池が切れるとファストパスの時間がわからなくなる

アプリでファストパスを発券すれば、発券したアプリまたは、全員分のパークチケットがあればファストパスエントランスに入ることはできます。

ファストパスの使用時間外になってしまうと、以前と同様にファストパスエントランスに入ることができません。

アプリでファストパスを発券した場合は、アプリ内にファストパスの使用時間が書かれているため、スマホの充電がなくなると命取りです。

ファストパスの発券が完了したら、ファストパスの使用時間をしっかり暗記しておくか、画面のスクリーンショットをとって、一緒にいる人に共有しておくことをおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

アプリでもファストパス発券は基本的にはメリットばかりしか無いと思います。

有効活用できると移動も手間もすくなくなりかなり楽になると思いますので是非使ってみてください!